人材活用

WE ARE KONNO CORPORATION

大企業並みの制度や条件は揃いませんが、
風通しの良さと全員のチーム力で、より良い人づくり、職場づくりに努めています。
一人ひとりが頑張りたいと思える環境をできる限り整え、社員の前向きな挑戦を後押しします。

①「地方で自分らしく」を応援

東京本社、大阪営業所そして福島県相馬郡にある福島工場。立地環境の違いは会社に多様性をもたらしています。今野製作所福島工場は、温暖な気候に恵まれた福島県相馬郡新地町にあります。のどかな自然に囲まれた環境で、多くの社員が、スポーツ、釣り、山歩き、庭造りなど、地方ならではの趣味や生活を楽しんでいます。たゆまぬ改善で生産性を上げ、短い時間で集中して働き、オフの時間は自分と家族の時間に費やす。オンもオフも充実した、自分らしい生活を応援しています。

「高校を卒業後、東京で8年働きました。でも、地元に帰って来たくて希望を伝え、東日本大震災の翌々年からこちらに配属してもらいました。地域の、おっとりした人柄が落ち着くんです。趣味はクライミング。妻もアウトドア派ですから、田舎のほうが向いてますね。一から十まで自分の手でできるものづくりが好きです。本来飽きっぽい性格なのに、もう入社12年。たまたま最初に入った会社でやりたいことができてラッキーでした。」


2004年4月入社 ものづくり本部 福島工場 油圧機器製造担当
国体代表候補の本格ロッククライマー(仕事でも趣味でもエース)
座右の銘:心堅石穿

趣味はクライミング。
田舎の方が向いていますね。

②女性が働きやすい職場づくり

今野製作所は、「短時間正社員制度」を設けています。一日の勤務時間あるいは一週間の勤務日数を短縮したうえで、勤務時間に比例した給与を支給する制度で、給与のベースとなる職級については、フルタイム正社員と同じ基準で評価するものです。子育て中の女性を中心に、親の介護などの事情で一定期間利用した社員が、再びフルタイムに復帰できるようにしています。「業務見える化」や「ITによる情報共有」により、いつもチームで助け合いながら仕事をすることも、勤務時間を柔軟に運用できる職場づくりの重要なポイント。男女を問わず働きやすい職場を目指しています。

「前職では派遣社員として働いていました。子育て中なので時短で働ける点、得意な英語が活かせるという点もですが、今野製作所は雰囲気が良くて、ここで働けたら…と、面接のときから思いました。提案がしやすく、自分の裁量でペースをコントロールできる社風、そして、社長のお母さんがたびたび煮物を差し入れてくれる、このアットホームさも働きやすさにつながっています。」


2015年4月入社 業務本部 業務部 経理・海外営業補助担当
英語堪能な、頼れるバリキャリ(仕事でも家庭でもエース)
座右の銘:人事を尽くして天命を待つ

アットホームさも
働きやすさにつながっています。

③若手の力で海外進出

今野製作所のイーグル製品は、海を越えて、世界の重量設備の搬送設置作業の現場で活用されています。部品調達や製品の共同開発などでも、海外メーカーとの連携があり、今後ますます拡大するであろう海外関連業務。その担い手は、若手社員が中心です。
マーケティング、代理店ネットワーク構築、営業案件の推進、貿易実務など、担当範囲は幅広く、JETRO(日本貿易推進機構)などのサポートを受け、経験豊富な外部専門家とともに業務に邁進しています。異なる文化、商習慣を持つ海外業務は、広く多角的な視野、戦略的な思考、実行力を養います。

「やりたいことを聞いてもらえて、新しいことにもチャレンジさせてもらえるので、会社と自分自身の将来的なビジョンを合わせて考えることができます。自分には難しいと思ったことでも、話し合って一緒に解決策を考えられます。個人ではなく、企画営業の全員がチームで仕事をするので、なんでも相談しながら進められて安心です。
皆が勉強しながら色々なことに挑戦している姿を見て、すごいと思ったし、自分も貿易、海外進出や、直販サイトのようなプロジェクトに貢献したい。そのために、スキルを磨いていきたいと思います。」


今野製作所初の外国人営業マン
座右の銘:Do your best and forget the rest(人事を尽くして天命を待つ)

個人ではなく、
チームで仕事をするので安心です。

④スキルアップで広がる機会

多品種小ロットのものづくり。お客様が必要とするものは、たとえ単品でもつくる。それが、今野製作所のものづくりのスタンスです。個別設計生産は高い技術力が求められます。町工場というと、しばしば「経験豊富な職人」の姿を想像されがちですが、3次元CAD、3Dシミュレーションツールなど、最新のデジタルツールを使いこなす技術スタッフの姿は、少し意外に映るかも知れません。今野製作所は、より高いスキルへの挑戦を応援します。

「営業や現場など他部署間との距離が近いと思います。現在は、3D-CADで板金の設計をしていますが、困ったことやわからないことがあってもすぐに確認できますし、丁寧に教えてくれるので、のびのびと仕事ができています。
入社直後に関わった試験装置の開発など、未経験でも意欲があれば後押ししてもらえるし、次々導入される新しいツールや技術にも積極的に取り組みたい。設計もできて、現場にも立てるオールマイティな技術者になりたいです。」


2018年4月入社 技術部所属。
趣味はピアノとバイクのママさんエンジニア。
座右の銘:好きこそのものの上手なれ

未経験でも意欲があれば
後押ししてもらえます。

⑤ものづくりの楽しさを次世代へ

IoT・AI・ロボット活用などデジタル変革の時代。ものづくりの現場はいま大きく変化していますが、自らの手でものをつくる喜び、創意工夫の楽しさは、今も変わりがありません。熟練職人の豊かな経験と知恵をしっかり引き継ぎつつも、新しいデジタル技術を取り入れて融合させる。今野製作所は、次世代のマイスターを育成します。そうした活動が、東京都「人材育成大賞」で最上位の大賞や、IVIのものづくりアワードの受賞につながりました。

「ものづくりが好きなので、自分の手足を動かすのが楽しいです。作るだけでなく、見積・受注・提案・発注・出荷・納品等、ものづくりに必要なことは全て働きながら教えてもらいました。
現在は主にTIG溶接をやっています。高専卒ですが、溶接は1〜2コマしか習わなかったので、入社してから勉強しました。新しく入ったハイスピードカメラやモーションキャプチャーを使った分析などの技術もどんどん使って、溶接を極めて行きたいです。」


2012年4月入社 板金事業部所属
ものづくりが大好き!今野製作所の癒し担当
座右の銘:笑う門には福来たる

必要なことは
働きながら学びました。

⑥チーム力の秘密はIT/IoT

「チームで働く」ことが、今野製作所の働き方のコンセプトです。チームが機能するためには、情報の共有が欠かせません。モノはいまどのような状態か。だれがいま何をやっていて、次に何をするべきか。お客様というゴールに向かって、モノと情報が滞りなく流れるようにする「ITカイゼン」というアプローチは、いま多くの専門家からも注目を集めています。その業務システム開発の主役は、ものづくりも経験した若手技術者たちなのです。

「“作業者でなく、製造技術者になれ”の言葉で入社を決めました。2年間現場を経験したのちに、システム開発の担当になりました。いまは“武者修行”として他社へ出向もしているので、出社するのはひと月に数回のレアキャラです。
中小企業は一人が担当する範囲が広く、それぞれが重なり合っている感じでしょうか。ですから自分の意見は担当範囲を超えて出し合います。意見を取り入れ、みんなが効率よく仕事できるシステムを作りたいと思います。」


2013年4月入社 業務部所属
ITのことならおまかせ。「コンテキサー」のスペシャリスト
座右の銘:楽に、楽しく!

ものづくりの経験を
システム開発に活かしています。